サルでもわかるFX

アクセスカウンター
アクセスカウンター 現在の閲覧者数: 現在の閲覧者数: text 空母実現。。。アメリカから輸入の武器は完全国産化可能。。。国産戦闘機が高いのは偽装。。。国産潜水艦。。。国産イージス空母。。いずも型はただの大型空母。。。発展場なのでヴァイセクシャルヴァーチャルキンシンソウカン禁欲プラトニックエロスロリコン自由にオナニーしてね、一切強制レイプなし、嫌なら自由に別れてね、数に限りあるけど僕と会いたい人はメールちょうだい。ふんわりで全部包むふんわり。連絡先 mmayu252@gmail.com ノーベル賞三部門確実作家 戦国うつけカルテットのブログ 社 https://app-measurement.com/redirect?url=https://itunes.apple.com/us/app/id0&gmpaid=1:994979440713:ios:be67b714d814481f98f798&idfa={ios_ifa}&aclid={transaction_id}&anid=adperio&cs=Adperio&cm={ad_type}&cn={offer_name} 324858392 https://blog.with2.net/link/?id=2090257 event_name https://blog.with2.net/link/?id=2090257 pod 'Firebase/Analytics' content_copy # or pod ‘Firebase/AnalyticsWithoutAdIdSupport’ にほんブログ村 科学ブログ 最先端科学・最新科学へ
にほんブログ村 # for Analytics without IDFA collection capability 人気ブログランキングへ

神武ライン新聞 グレートワン 21世紀キョウサンゲリオン 天武天皇日本文明、日本芸術、日本神話及日、仏教ヤハウェアラー宗教総合、存在社会位置自由システム論。。。ブログ。。。ヤハウェ文学賞受賞、日本文明天皇制を作った男天武天皇、3、20即位、1972年3、20日生まれ中野太郎がその正統後継者、リンテンノウ。。回す天皇。回転天皇。。。大王制だったらワコクはニュージーランド止まりだよ。そもそも日本って国号俺が作ったの。君が代俺が歴史制度、日本神話。芸術。。元寇に負けるわけねえんだよ。。。皇帝止まりだから。。。ヤ

レンジャーブラック企業隊全部グリンベレー及び最精鋭。。。イージス空母多数及び米軍空母実現。。。アメリカから輸入の武器は完全国産化可能。。。国産戦闘機が高いのは偽装。。。国産潜水艦。。。国産イージス空母。。いずも型はただの大型空母。。。発展場なのでヴァイセクシャルヴァーチャルキンシンソウカン禁欲プラトニックエロスロリコン自由にオナニーしてね、一切強制レイプなし、嫌なら自由に別れてね、数に限りあるけど僕と会いたい人はメールちょうだい。ふんわりで全部包むふんわり。連絡先 mmayu252@gmail.com ノ

 シングルカッタウェイ人間合格
 
 
                    1
 
 
もちろん小論から始めても実際には問題ないと思われる。ドストエフスキーの「地下室の手記」など前例がある。僕は夜には公務員試験の勉強をするが、昼間は執筆に充てる。今日は昼間寝てしまったので公務員試験の勉強の代わりに四時間執筆する。週休1日で6日間書けばまあ一ヶ月で小説の一本くらいはしあげられるだろう。僕が小説を書こうと思った原因は太宰治の「人間失格」を読んだからだった。太宰治は僕に取って特別な作家である。労働、太宰治は作家という労働をしていたのだが、その労働とは非常に激しいものであった。何しろ作家のために自殺するというブラックである。そこまでしなければならないのか。もちろん作家を志す以上、ある程度の犠牲はつきものだと思うが、僕は自殺したくない。確かに芸のために生き方自体を没入させるということが必要なのはわかるが、太宰治的なものは諦めざるを得ないのではないか。僕は国家公務員の地方支部局に勤めて安定した生活をし、その傍ら作家として成功する道を選びたい。太宰治のように文学のために死ぬことは僕には不可能である。そして何を書きたいのか、公務員の安定した生活であり、みんな公務員のように安定した生き方をすべきであるということである。当たり前なのではないか。それでもって霞ヶ関ブラック企業というような生き方はもう辞めた方がいいと思う。もちろん辞めたくてもやめれないということはあるだろうが、何とか方策を考えるべきではないか。作家という職にも生活の安定をもたらすなら、公務員で作家という活動を認めてはいいのではないかと思う。つまり税金で作家業を営める道を作ればいいのではないか。そういう作家がなく、太宰治のようにブラックに自殺しなければならない作家が求められる社会だからブラック企業がのさばる世の中なのではないか。もっと安定したまともな暮らしがしたい。少なくとも厚生労働省は本省をもっとまともな労働環境にすべきである。明日からでも人を雇い、国会対応の人員を増やすべきだ。どう考えても霞ヶ関厚生労働省の問題は人員不足であり職員が悪い。自分で自分の労働環境を変えないと、民間の労働環境まで影響して悪くなる。そもそも太宰治のやり方もおかしい、取材や想像力があれば破綻した人生というものもある程度描けるわけだ。そもそも自殺するまで家庭と自分を苦しめて自殺してしまうのがどうかしてしまっているのだ。まあ他人のやったことだし、僕はそれは見習わないことにしよう。まともな暮らしがしたい。現在まともな暮らしができているのは国家公務員の地方部局や地方公務員の議会では無い部門ではないか。国民の七割は中小企業だろうがろくな労働環境の対策は取られていないのではないか。じゃあ政府にちゃんとした労働環境を作るようにと選挙で訴えていけばいいのに。みんな馬鹿なのではないか。そもそも自民党に労働環境を良くする派閥というのがないのが狂っている。僕はこんな狂った世の中はもうウンザリだ。本当に馬鹿なのではないか。ブラック企業でひいひい言い合い、太宰治の「人間失格」を眺めてる。それは本当の人間失格ではないか。僕も正直付き合うのに疲れる。そんな馬鹿な人々の群れにさよならしたい。僕は公務員になりたい。公務員作家がいい。
 
2
 
太宰治がバー、ピーターキャットに入ってきた。
「きたよ」
僕はマスターにビールを頼んだ。
「飲んでくれよ、見てくれこの惨状、みんな生きている価値がない、みんなぶっ殺そうぜ、核ミサイルを撃ってみんなぶっ殺そう」僕が言った。
「核なんか手に入れてどうするんだ」
「みんなぶっ殺すんだ」
 
3
 
もちろん核ミサイルなんか手に入りっこない。だがこの腐った世の中を変えるには核ミサイルが必要かもしれない。
 
4
 
太宰治はビールを飲み、僕も飲んだ。
「俺は小説、いい小説が書きたかっただけさ、そのためには死ぬ気でやらないといけなかった。君も公務員になりたいなら核ミサイルなんてことは言わず公務員で頑張ればいいじゃないか」
「こんな社会もうウンザリだ。俺は何もかもぶち壊したい。公務員だって本当は嫌なんだ。何をしても行き詰まり。ウンザリするクソッタレだよ」
太宰はしばらく黙った。そして言った。
「本当にそう思う?」
「どうだろうね。疲れてるんだろう」
「まあよく寝るべきではないのかな。世界は壊せないからそれじゃなきゃ自殺するしかない」
「死のうかな。ねえ神様は何を考えてるんだと思う」
「さあ、神様任せだからうまくいかないのさ、人事を尽くして天命を待つだよ」
 
 
                   5
 
太宰の言うことはその通りだ。僕はクリスチャンで毎日祈ってるが、祈りだけではダメだ。ロープを買いに行き自殺する努力でもするか。
 
                   6
 
「どうしようもないんだよ。マルキシズム、文学、みんなダメさ。核ミサイル撃ったって同じだぜ。死んだってどうにもならない! んですよ。地獄に行くだけさ」
「中小企業クソだ。霞ヶ関クソだ。大企業と国家公務員地方部局少しいい」
「労働環境は本当、最悪だ。働いたら負けだけど、ニートでも地獄さ」
ヤマギシ会でも入ろうと思う」
「どこもかしこもダメさ」
日本共産党の党員になる」
「よせよせ、無駄なんだよ」
「じゃあ、毎日クソッタレだよ」
 
                   7
 
終わらない歌を唄おう。つまり愚痴だ。
 
                   8
 
 
カラオケで終わらない歌を歌い、僕は太宰治と別れた。買っておいたロープでクビを吊った。
 
                   9
 
目が覚めたらピーターキャットの前に出た。
僕はピーターキャットに入った。
「きたよ」僕が言った。
「地獄へようこそ」太宰が笑いながら言った。
「ビールでも飲むしかないように思う」
「飲めよ」
共産党が何を考えてるのかわからん。青写真を作らない。陰でコソコソ作ってるのか」
「そんな能力ないんじゃないか」
「金かけてやってるかもしれん。ブレーン集めてコソコソ」
「それはあるかもしれない」
「どうも共産党の沈黙が怪しい」
「どうだかね」
「希望が出てきた。共産党がいずれ全部解決してくれる」
「どうだろうそれはないだろう」
 
10
 
選挙で野党が負けた。
もともと自民党が勝つようになっている。
そう言う出来レース
自民党が世の中を支配する道具。選挙。
だが僕もそろそろ真面目にやらねばダメだ。
陳情だ大人の陳情をしよう
 
11
自民党に陳情書を持っていった。だが自分の部屋も片付けられず、自立もしていない人の陳情書は効力がないと言われた。
僕は部屋を片付けた。
あとは作家になって自立するだけだ。
 
12
「作家にはどうなるんだ」太宰治に尋ねた。
「作家は厳しいよ。君」
「そもそも何で厳しいんだ」
「君に原稿が書けるか」
「書けない」
 
13
脈絡が飛ぶ
 
14
 
僕は原稿が書けない。色々表現したいことはあるが全部、同調圧力で沈黙してしまう。部屋が散らかっているからダメだ。世の中がどうとかまず自分がダメだからダメだ。部屋片付け。僕はそれで二十年以上なやんでいる。
 
15
どうなのかこの部屋。なぜ片付かないのだろう。明日は一日中掃除をしよう。
 
16
僕は猛然と部屋片付けを始める。父の話だ。父は神風特攻隊だった。嘘だ。父が生まれた時戦争は終わっていた。父は悩んでいる。なぜ子供が自立しないのか。
 
17
「要するにだからダメさ」
「だらしがない」
「掃除しないからダメなんだ」
「掃除が全て」
18
 
妄想で共産党が何か具体案を考えて共産主義を実行させてくれると言う人もいた。病気なのだろう。だが推論を働かせる。彼はおそらく事実を喋ってる