ビジネスにも学究にも使える資本ゲーム理論

新品価格
¥106から
(2021/2/28 07:02時点)

派遣労働者が正社員になれる陳情経済学(太郎セオリートゥルー)TTT入門

新品価格
¥106から
(2021/2/28 06:59時点)

ビルゲイツ 十年 百万競馬術

新品価格
¥106から
(2021/2/28 06:57時点)

人間合格 うつけバージョン

新品価格
¥106から
(2021/2/28 06:54時点)

Amazon 楽天 美味しい水
政治ランキング

クルーグマン ミクロ経済学(第2版)

新品価格
¥5,500から
(2020/4/20 04:23時点)

マルクスる? 世界一かんたんなマルクス経済学の本

新品価格
¥816から
(2020/4/20 04:25時点)

マンキュー マクロ経済学I入門篇(第4版)

新品価格
¥4,180から
(2020/4/20 04:27時点)

マンキュー マクロ経済学II 応用篇(第4版)

新品価格
¥4,180から
(2020/4/20 04:29時点)

MMT現代貨幣理論入門

新品価格
¥3,740から
(2020/4/20 04:30時点)

公共貨幣

新品価格
¥4,180から
(2020/4/20 04:32時点)

</a>

<a href=人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

 機関紙ブログ 青旗 21世紀修正シホンシュゲリオン 戦国うつけ太郎カルテット うつけ太郎信長 参謀非情光秀 情報と人秀吉 完成者家康 日本共産党批判 異次元ミクロ経済学

作家 戦国うつけカルテットのブログ 社会学学士 元印刷営業 元ノンキャリア 労働問題 ポスト資本主義 新社会主義 新共産主義

経済学批判草稿

今日より具体的に少しずつ経済学批判をしていく、まず主流派経済学これの一般均衡厚生経済学の定理は、

一般均衡は諸商店ということで見えるもののパレーと効率ということ幻想はなく、商品の配分においても所掌店のゼロサム的競争のもとに均衡している。税の分配もゼロサムであり、厚生経済学の定理は数学的妄想である。効率としては計画経済より優れた経済として資本主義は現れる。だが厚生経済学の定理のような究極的効率にはない。

一方でマルクス経済学にしても産業資本の搾取というものが一円単位で計量経済学的に証明されないと資本の証明とは言えず、産業資本から商業資本、金融資本、地代に分配されるという分配論も計量経済学で明らかにされねばならない。そうでない限り理論的には妄想であり分配論ではなく相互産業独自産出、相互浸透している可能性が高い。これも妄想であり実際には計量経済学で確かめられなければならない。また明らかに流通の不等価交換で価値は生まれており、これが相互になくならないのは流通手段に大小があるからである。これを妄想としたマルクス経済学は流通手段の平等を唱えたが、それこそは妄想である。マルクス経済学のいうことを代表するとこうなる。ローソンに安く買って高く売られた私はローソンのような商店を持ってるので流通では剰余価値は存在しない。ところがネットショップはあるかもしれないがローソンのような流通組織、さらに巨大な流通組織は個人の手にはなく、流通組織、流通手段は偏在し、そこに安く買って高く売るがあるのである。そもそも有機的構成の高度化があるとしても安く買って高く売れる限り資本論流に言えば資本主義は健在である。

MMTは入門書の解説すら商品貨幣説が死んだという間違いを犯している。事実MMTのいう信用経済すら信用商品で膨らんだ商品貨幣か法定貨幣に過ぎないのである。無から価値は生じない。このような間違いの多いMMTは導入に十分なシミュレーションを行うべきである。ソ連の失敗を思い出し事がないように。山本太郎のような人気とりばかりでリスクへの対処のない政治家には気をつけるべきだ。

また経済学は部分部分の描写を忘れ数学的妄想を垂れ流しているもっと細部の描写、営業や総務、人事、労務、生産管理などの描写を行うべきである。

今日の日本の構造改革は世界に広がると世界人類が滅びかねない悪質なものである。

そもそも市場の効率性すらろくに論じられない経済学に何をいう事があるのか。