ビジネスにも学究にも使える資本ゲーム理論

新品価格
¥106から
(2021/2/28 07:02時点)

派遣労働者が正社員になれる陳情経済学(太郎セオリートゥルー)TTT入門

新品価格
¥106から
(2021/2/28 06:59時点)

ビルゲイツ 十年 百万競馬術

新品価格
¥106から
(2021/2/28 06:57時点)

人間合格 うつけバージョン

新品価格
¥106から
(2021/2/28 06:54時点)

Amazon 楽天 美味しい水
政治ランキング

クルーグマン ミクロ経済学(第2版)

新品価格
¥5,500から
(2020/4/20 04:23時点)

マルクスる? 世界一かんたんなマルクス経済学の本

新品価格
¥816から
(2020/4/20 04:25時点)

マンキュー マクロ経済学I入門篇(第4版)

新品価格
¥4,180から
(2020/4/20 04:27時点)

マンキュー マクロ経済学II 応用篇(第4版)

新品価格
¥4,180から
(2020/4/20 04:29時点)

MMT現代貨幣理論入門

新品価格
¥3,740から
(2020/4/20 04:30時点)

公共貨幣

新品価格
¥4,180から
(2020/4/20 04:32時点)

</a>

<a href=人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

 機関紙ブログ 青旗 21世紀修正シホンシュゲリオン 戦国うつけ太郎カルテット うつけ太郎信長 参謀非情光秀 情報と人秀吉 完成者家康 日本共産党批判 異次元ミクロ経済学

作家 戦国うつけカルテットのブログ 社会学学士 元印刷営業 元ノンキャリア 労働問題 ポスト資本主義 新社会主義 新共産主義

社会経済学(マルクス経済学)高校生でもわかる入門1

はいこんにちは、本格的に総理大臣を目指します。

それで総理大臣たるもの経済学や法律、政治をわかりやすく国民にブログで紹介出来なくてはダメだと、なるべくわかりやすく書くつもりです。高校生くらいなら理解できる読み物を目指します。レベル的には池上彰さんの「マルクス資本論入門」や木暮太一さんの「マルクスる」なみの優しさです。

まず主流派経済学ってなんだと思いますか? 答えを言っちゃうと現在はミクロ経済学マクロ経済学のことですね。ミクロが家計や会社の理論、マクロが合計した社会全体の理論です。で日本ではその前の時代マルクス経済学がちょー盛んで、ミクロ、マクロより主流派だった歴史があります。すごいと思いませんか? 冷戦時代一時期、マルクス経済学が主流派で、ミクロ、マクロは傍流だったのですね。そこから冷戦でソ連が破れ、マルクス経済学は各地で大暴落しました。もう大学でもマルクスの名前では講座を作れないと大学の先生が偽装の名前を考えました。社会経済学とか政治経済学とかです。まあ大人と大学の事情です。もともと社会経済学とか政治経済学という分野もあったのですが、その中身がマルクス経済学、つまり資本論の簡易版になっちゃったわけですね。まあここらへんの事情を鑑みても経済学というものがいかに怪しげで胡散臭いか分かっていただけましたか?

さて、では経済学をなぜ学ぶのか? 有名な例えにありますが、経済学者に騙されないようにするため、もちろん私も素人学者ですから、皆さんを騙しますよ。ブログで儲けたいのもありますし、でも私の目的の半分は皆さんに批評眼を作っていただき、できれば真実の経済学を作っていただきたいものだと思うからです。ところで私も真実の経済学を作りたいとも思います。でも価値一つ、限定合理性一つとっても大問題です。価値とは価格の裏づけ、限定合理性とは私たちが限られた合理性しか持たないということです。例えば100点ばっかりの人生じゃありませんね。60点取れればいい方、時には30点とか赤点とかの日もありますね。コロナなんて天災もありますね。つまり今日のまとめ、経済学って詐欺に近いところがあるんです。それから身を守るには自分で経済学を学んで行く必要があります。まずこのブログで高校生にもわかる、大学中級レベルの経済学を学んでください。それで私もブログの収益で潤えばウィンウィンです。一応、マルクス経済学、ミクロ経済学マクロ経済学進化経済学行動経済学MMT、法と経済学、アナリティカルマルキシズム、宇野学派、中小企業診断士テキストまで完備するつもりです。参考文献はマルクス経済学が「マルクする」「図解社会経済学」「資本論全四部岡崎訳」「不破哲三資本論全三部を読む」の一部です。読者は中学生レベルの学問の素養を持つこと、高校一年生くらいを目標に書きます。

さてこれで資本論やマスコレル、サージェントというマルクス、ミクロ、マクロの大学院テキストの読み方まで網羅するつもりなんで、大学で経済学部に行きたい高校生、大学で経済学がわからない学生、大学院生が基礎の補強に。官公庁やビジネスマン向けの知的読み物として楽しんでいただければ幸いです。もちろん主婦や風俗嬢、おじいさんやお婆さん、ホームレスにもネットカフェ難民にも、無職や引きこもり、メンヘラにも。おいしっかりしろ。俺が総理大臣になってみんな助けてやる。

さて、スプーンというサイトで知り合った。若い看護師さん、ホステスさん、保育士さんに読んで感想をもらうよう頼みました。あと法政の旧友にもチェックを頼みました。彼、彼女たちのこれじゃわからないの感想が楽しみです。どんどんわかりやすくし彼、彼女たちが会社や医療に現場やクラブや保育園で経済学を使いこなすように理解できるものを作りたいです。最終的には池上彰さん並みを目指します。あれならだれでもわかるしテレビで見てると思うし、娯楽で面白いしわかりやすい話すると、俺はスプーンでモテますよね。山口真由さんにもフェイスブックメッセ送ったし、どんなコメントが皆さんから来るか楽しみです。

 

本ブログの構成です。資本論四巻、剰余価値(要するに儲けの本質のこと)学説史の解説の後、私中野の資本論本文に至る三部構成です。なんでこの構成かといいますと資本論は普通三巻で一応終わります。ここれの解説がブログの第一部です。それに続いてマルクスの経済学の学習ノート、剰余価値学説史が第二部で、中野太郎がマルクスに対して批判するいわば中野太郎版資本論が第三部になります。これでおわかりいただけましたでしょうか? つまりマルクス資本論というとだいたい旧資本論の三部までを説明するのが習わしみたいなものです。これにマルクスの経済学習ノート(剰余経済学説史)を読み込むことが重要だということですね。なぜならマルクスエンゲルスに自分の経済学の学習を添付して後世の批判に答えようとしたわけですね。それがマルクスの弟子カウツキーやソ連東欧の編集でようやく出ました。本当は新メガという訳が揃って手に入ればいいんですがまだ完成してないようですし手に入りません。要するに通常のマルクス経済学ではあまり読まれないマルクスの経済学学習ノートを読み込んでみようというわけです。ここが二部。そして資本論の副題「経済学批判」にならって、私、中野太郎が資本論の批判をしてみようというのが三部というわけです。つまり池上彰さんや木暮太一さん並みにわかりやすいけど、ボリュームは約5倍です。ただし資本論の原文をスラスラわかるための基礎知識はすべえて盛り込みます。まあ中学生の教科書並みに優しくします。

 

ちなみにブログですので日々推敲し修正します。

とりあえず煩雑になるので日付けだけ修正記録を書きます

6/3修正